Microsoftのパソコンスキルを証明できる資格・MOS

ワードやエクセル・パワーポイントなどをはじめとした仕事に使われることの多いマイクロソフトオフィス製品を操作するスキルを証明することのできるパソコンの資格「MOS」はオフィスのバージョンごとに試験があり、取得していればどのバージョンのアプリケーションをどの程度習熟しているかのレベルを客観的に知らせることが出来るのが特徴です。

履歴書にも書くことが出来るため就職活動のときにも、仕事に必須なアプリケーションが使えることを採用担当者にアピールすることができるでしょう。試験は世界共通であるため日本国内以外でも、自分のスキルを証明できるのが特徴です。またこの検定はWindows版のみ用意されているため、今でも多くの会社において主流であるWindowsが使えることも証明できることになります。

特に事務職の場合はワードやエクセルのスキルを求められることが多いですが、この2つの科目の検定にはスペシャリスト(一般)の他、エキスパート(上級)の試験もあり、取得すればより高度なスキルを持っていると証明することが可能です。仕事内容や企業によっては必要な場合もあるほか、同程度の応募者がいた場合これにより優遇される場合もあるでしょう。