英語を身につけるうえで文法はどの程度重要?

私たちは義務教育の時や高校生の時に英語を上達させるために英文法を重点的に学んできたと思います。しかしテストや受験の際には英文法中心の勉強で良くても、上達させて本当の意味で使うことができるようにするためには英文法はそこまで重要ではありません。

なぜなら日本語の文法を外国人に説明することができるか?日本語の文法をどの程度知っているか、日本語の文法をどの程度勉強したことがあるかという質問をした時に多くの人が日本語の文法について説明することができないでしょう。

もし説明することができる人がいたとしても専門家か大学などで勉強したことがある場合がほとんどです。それでも私たちは日本語を話すことができていることからわかるように、文法は単なる語順であり語順感覚さえ身についていれば、前置詞はどこにくるのが正しいかなど、難しいことを理解する手間が省けます。

もちろん文法の勉強は全く必要がないわけではありませんが、そればかりに時間をかけていても一向に話すことができないし聞き取ることもできません。今まで英文法の勉強に時間をかけていたのはテスト対策や受験対策だと考えて、実用的に使うことができるようにするためには語順感覚で学んでいくことをおすすめします。